読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

eラーニングという選択肢

PMP

予定よりも圧倒的に勉強時間が少なく、知識も足りていない状態ではあるけれど、そろそろ受験の準備も必要。
そして、受験申請に必要となるのは35PDU。
5PDU分は先に取得しているので、研修やら何やらで残り30PDUを取得する必要がある。

ということで、研修をいくつか探してみたものの、これといったものがない。
もしくは、興味はあるけど時間があわなかったり費用が高めだったりで決め手に欠ける。
どうせなら、資格取得に効果のありそうなものを・・・と思ってみても、短期集中で覚えられる脳を持っていない&集中力に欠けるという残念な状態なのでどうしたものか・・・

と、考えた結果、eラーニングなら半強制的に勉強出来て、尚且つ毎日継続できるのでは?という結論に至った。
またeラーニングかよという感じだけど、生活サイクルを考えると結構良いのかもしれない。

そんな感じで受講したのがこれ↓

35時間取得!PMP資格対策講座((株)チェンジ)
http://www.change-jp.com/pmp/pmp_course_taisaku.html

中身は、PMBOKガイドに対応した内容を順に読み進めていくと言うモノで、各ページはパワーポイント的な作り+補足説明を文字だけでなく音声再生も出来るというものだった。


以下、この受講内容に関する個人的なメリットデメリット。

<メリット>
・これだけで受験に必要な35PDUが手に入る
・証明書を手に入れるだけなら最短一週間程度で可能
・受験申請から予約までの流れが画面付きで説明されてるおまけがあった
・家でも会社でも勉強可能
・勉強する習慣を作りやすい
・音声による説明があるので聴覚による学習が可能
・他の研修よりも比較的安価

<デメリット>
・勉強した気になるだけで身についていない可能性がある
スクリプト的に微妙なところがいくつかある
・ブラウザがIEしか対応してない。。。


まず、最大のメリットは、これだけで受験に必要なPDUを獲得できること。
この講座には模擬試験もあるけれど、やらなくても35PDU取得が可能。
極端な話、全画面【次へ】ボタンを押していけば受講状況が100%になるので、PDU取得の証明書を手に入れるだけなら1日で出来ると思う。

まぁ、申し込みから入金確認等を含めると数日から1週間程度は必要になるのだけれど、それでもいつ開催されるか分からない研修を受けるよりは迅速に獲得出来るはず。
あと、受験申請関連の情報はこれから調べなくてはと思っていたので、画面付きでまとまっているのは地味にありがたい。(まだ詳しく見てないけれど)

学習内容そのものについては、可もなく不可もなくという感じで、これを受講すれば完璧というわけでもないし、内容だけで比べるなら虎の巻とかの方が良いかもしれない。
ただ、これを受講して良かったと思えたのは音声による勉強、つまり視覚だけではなく聴覚からのインプットが行えたと言う点がある。
個人的には、インプットの種類は多ければ多いほど良いと言うか、一度目で見たことのあるものを改めて耳でも聞くことによって反復しやすくなったり、記憶の定着がしやすいと思っているので、虎の巻との併用は結構良い勉強方法なのではないかと。
後は、これを口に出すなり手を動かして書くなりアウトプットしていけば尚良いんだろうけど・・・良いんだろうけど・・・


逆に、デメリットとしては「音声を聞いているだけ」、「画面を眺めて次へ進めるだけ」で進捗率は上がってしまうので、必ずしも理解出来たとは言えないことがある。
理解せずに満足感だけを得ても意味がないけれど、満足感が無いとやる気が出ないという問題もあるので、なかなか難しいところ。
そういえば、この講座では中間試験や小テスト的なモノが無かったので、最後に一括でテストではなく確認のポイントを設ける構成だったら良かったのかもしれない。

こうだったら良いのにと言う点で言えば、音声スクリプトの自動開始や章単位の連続再生などがあれば尚良かったかな。
サイトの作り的にも内容的にも自動的にページ遷移するのは(理解せずに進むこともあるので)駄目かもしれないけれど、音声の連続再生が出来れば他の作業をしながら勉強も出来るので良いと思うのだけど。
音声をiPhone等で聞くことが出来れば通勤中にも使えそうだし。
(やろうと思えばMP3を抜き取れるんだろうけど、流石にそれはねぇ・・・)

あ〜、あと最後にして最大の問題点はIEしか対応していないこと。
各種ブラウザに対応するのは面倒だろうし、スクリプトも音声だけならそこまで重いモノではないから受講に支障があるわけではないんだけれど・・・ないんだけれど・・・ねぇ?


ともあれ、これでPDUは確保できたので受験申請の手続きを進めるかな。