読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グリシンを買ってから1年ほど経過

備忘録

この一年で買ったのは30個入りのを5,6箱なので、平均すると大体二日に一回飲むというペース。
実際には、飲むときは2,3週間飲み続けて、飲まないときは同じく2,3週間くらい続くというのが多いかな?
ということは、飲む時期や効果を期待する時期があるということなので、その辺を備忘録的に記述。


ちなみに、基本的な感想等は去年のこれ↓から変わってないはず。

グリシンと睡眠効果の個人的感想
http://d.hatena.ne.jp/siwon_g/20120327/1332775884


■効果を実感しやすい時

1.真夏の寝苦しい夜
2.風邪など体調不良の時
3.二日酔いの時
4.朝早く出社しなければいけないとき
5.睡眠時間が平時より短いとき


1については、本当にお世話になった。
グリシンを飲んだからといって、夜中に目覚めない訳ではないけれど、多少寝苦しいくらいだったら朝まで寝れる。
あと、途中で起きたとしても、起きるまでの間にしっかり眠れていれば、飲まない時に比べると疲れが溜まりにくい。

2については、そもそも体調不良なら無理に起きるな。
・・・と言いたいところだけど、そういうときに限って外せない打ち合わせや休めない予定があったりするもの。
なので、多少無理してでも起きなければいけない、と言うときに飲んでおくと意外と普通に起きれる。
起きた後に体調不良を実感して辛くなるけれど、そっちは薬と栄養でカバー。
個人的には寝る前に栄養ドリンク飲んで、寝ている間に体力回復を期待するのが普通になりつつあるけれど、眠れなくなる人はやめた方が良いかな。

3については、2と同様。
2と違ってある程度自分でコントロール出来るので、飲む量を調整したり、薬やウコンに頼ったりとか色々打つ手はあるかと。
ちなみに、起きた後に辛いのは体調不良と同様。

4については、就寝と起床のリズムが崩れるとき、とでも言えば良いだろうか?
一日だけ普段より1時間早く起きなければならないとか、どうしても遅刻したくない(出来ない)日にはとりあえず飲んでおくと安心。
グリシンを飲んだんだから明日は起きれるだろうと楽観することで、寝付けない時でもストレスが溜まらない。

5については、今まさにそんな状況。
普段は6〜6.5時間睡眠なのだが、最近は色々忙しくて4.5〜5.5時間睡眠になってしまった。
正直、グリシンだけで肉体的な疲労が回復出来ているとは言えないけれど、疲労により寝過ごす・・・なんてことを防ぐという意味では十分効果あり。
2〜4の場合は一時的なものだけど、5については慢性的な状態なので、本当は根本解決が望ましい。
が、それが出来ないからあの手この手で体力回復を図っている訳で。
ただまぁ、グリシン(+睡眠)はあくまで一つの手段。
サプリを飲んだり、野菜ジュース飲んだり、好きなものや美味しいものを食べたりという諸々の手段と合わせることで、何とか体調を崩さずやっていけている気がする。



■無理に飲まなくてもいいとき

1.寝起きに疲れを感じないとき、熟睡できているとき
2.特に忙しくもなく、睡眠時間が確保されているとき
3.何の予定もない土日祝日

1については言わずもがな。別に飲んでも良いけれど、無理して飲む必要も無し。

2は1と似ているけれど、時と場合によるかな?
しっかり寝ているはずなのにどうにも疲れが取れない、という状態が続くようなら1週間くらいグリシン飲み続ける。
で、身体が熟睡のこつをつかんだら(?)特にグリシンを飲まなくても問題無くなる。かもしれない。
本当に疲れが溜まっているのなら別だけど、精神的な問題なら熟睡できるという自覚や熟睡できたという実感を持てれば、多少なりとも状況は改善されるはず。
少なくとも、本来発生していない、根拠のない疲れからは解放されたかな?

3は時間とのトレードオフ
平日に「無理して起きなければ・・・」というストレスを抱えているのなら、あえて土日に長時間睡眠を取るというのもあり。
寝溜めが出来るわけではないので、身体的には逆効果かもしれないけれど、ストレスは減少する。
ついでに、土日に使える時間も減少するので、寝過ぎて後悔するくらいなら無理に長時間寝ない方が良いかも。
気付いたら昼だった・・・という時は、身体が睡眠を欲していたのだと、好意的に解釈しよう。


■その他

ここまで書いておいてなんだけど、別にグリシンを無理して飲む必要は無いと思う。
実際、1,2ヶ月くらい飲まなかった時期があったし、そのときはグリシンの存在自体忘れてた。
かといってその間に問題があったかというと、当然そんなこともなく。

個人的にはサプリと同じ感覚で、必要と思ったとき、不足していると思ったときだけ飲むと言うのが一番良いと思う。
いざという時のために手元にある、と思うだけで安心感があるし。
なのでまぁ、興味がある人は一度試してみればいいし、大して効果が無いと思ったなら飲むのをやめれば良いだけ。
依存性は無いので、やめようと思えばいつでもやめれる。

と言うのを自分自身に言っておけば、不必要に飲むこともないので無駄な出費を抑えられるはず。
まぁ、一日三十円の出費なので、抑えるのならむしろコーヒー代とかの方が財布に優しいかもしれないけれど。