読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CeVIOでプリセットの作り方

CeVIO Creative Studio FREE (さとうささら)を試しに使ってみたところ、思った以上になめらかな発音で驚いた反面、微妙に使い勝手の悪いGUIが気になった。
まぁ、初期バージョンなのでお試し版としては十分だし、バージョンアップで対応されるとは思う。

・・・が、発音設定のプリセットが3種類しかないのは流石に使い勝手が悪い。
どうにかならないかな〜、と思ってファイルを覗いてみたら、簡単にプリセットを作れそうだったので作成手順をメモ。


■手順概要

1.CeVIOで良い感じの設定をしてCCSファイルを保存する
2.CCSファイルから設定値をコピーしてプリセットを作成する
3.CeVIOを再起動して確認する


■注意事項

1.以下の内容は Version 1.0.2.0 を利用しています。
2.今後のバージョンアップによりXMLファイルの構造等が変わった場合は適用できない可能性があります。
3.XMLファイル等を手動で変更すると、動作に支障が出る可能性があります。
4.非公式な方法なので作業で利用するXMLファイルは事前にバックアップしておくことをお勧めします。
(今のバージョンなら再インストールでも問題無いと思いますが。)
5.実施する場合はすべて自己責任でお願いします。


■手順1 CeVIOで良い感じの設定をしてCCSファイルを保存する

1.CeVIOを起動して、サンプル用の文字列を左下の「セリフ」に打ち込む

2.画面右下の「大きさ」〜「哀しみ」バーを弄って良い感じのパラメータを設定する

3.画面上部のツールバー「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択し、CCSファイルを保存


■手順2 CCSファイルから設定値をコピーしてプリセットを作成する

1.インストール先の「Settings」フォルダに保存されている「Personality.xml」ファイルをメモ帳等のテキストエディタで開く
「Settings」フォルダはインストール先を変更していなければここにあるはず。
C:\Program Files\CeVIO\CeVIO Creative Studio FREE\Settings

64bit OSの場合はこっちかも?(※ 未確認)
C:\Program Files (x86)\CeVIO\CeVIO Creative Studio FREE\Settings

2.初期設定をコピーする
初期状態では、3つのプリセット(元気一杯、不機嫌、哀しげ)が設定されているので、その内の一つの「Feeling」タグをコピー&ペーストで複製。
(画像では"元気一杯"を複製)

3.プリセット名を設定
「Feeling Name」がプリセットの名称になるため、任意の名称に変更。
(画像では"テスト"に変更)

4.CCSファイルから設定をコピー
手順1で作成したCCSファイルもメモ帳等で開き、「Direction」タグをコピー。
「Personality.xml」ファイルの同一タグにペーストして保存。


■手順3 CeVIOを再起動して確認する

1.画面右下の「プリセット」から追加したプリセットを選択

2.値が正しく設定されていることを確認