読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんしん保証パック(i)でiphone5を交換した話

Softbankの安心保証パック(i)で実際に交換したという話を余り見かけなかったので、一例として交換までの流れを記してみる。
最初は無償交換のつもりでGenius Barに行ったけど無駄足になってしまったこととか、自分の契約内容の事前確認は重要だとか、一日で完結しなかったこととか、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないし、役に立たないかもしれない。

ちなみに、損得の話は無いので、そういうのをお求めの方はGoogle先生にお伺いを立てるか、実際に試算してみてください。


■結論

iPhoneの調子が悪くなったら、まずは購入日(から1年経っているか)と保証内容を確認すること
・ちゃんと動いている内にバックアップを取ること
・大事なゲームアプリ等は、引き継ぎ用の準備(パスワード発行等)を行うこと
 ※準備を忘れると課金兵は死ぬかもしれない

・購入1年以内なら、さっさとApple Storeへ行って修理なり交換なりすること
・購入1年以上経過で保証加入済みなら、対応方法をちゃんと調べてからApple Storeかサービスプロバイダへ行くこと
・購入1年以上経過で保証未加入なら、AssistiveTouch機能等で限界まで粘るか、保証対象外で修理屋に持って行くこと
 ※金があるなら普通に有償交換でも可

・事前予約が取れない店は、可能なら平日に行くこと


■経緯

1.スリープボタンの反応が悪くなり、不便になったのでGoogle先生に聞いたところGenius Bar(店舗)に行けば無償で本体交換して貰えると教えて貰う。
 ※スリープボタンは部品交換が出来ないため、本体交換になるとのこと。

2.Genius Barの予約は、Apple Store(アプリ)を使うと楽だというのを見かけたので、App Store(ダウンロードサイト)から検索してアプリをダウンロード。

3.Apple Storeアプリを使うと、予約可能な日時が出てくるので、さっそく予約して訪問。
 ※予約方法はこの辺参照
 http://number333.org/2013/08/20/how-to-make-reservation-iphone/

4.Genius Barに行くと、至る所に(と言うほどでも無いけれど)店員が居るので、手の空いてそうな店員に声を掛けて予約している旨を伝える。

5.口頭で来訪目的を伝えると、別の店員が対応するということになり、その辺で数分待つことに。
 ※受付情報は店員が持っているipadを用いて入力してた。

6.担当者が来たので、スリープボタンの反応が悪くなったことを伝え、その場で店員が動作確認。

7.症状の確認が出来たので、端末情報を確認するためロック解除を依頼される。

8.ロックを解除したら設定画面等からシリアルNo等を確認される。
 ※この辺の操作は端末を渡し、目の前で(テーブルの上に端末を置いた状態で)店員が操作していた。

9.無料保証の1年を経過しているので、本体交換は全額有償となり、iphone5だと27,000円かかるという衝撃の話をされる。
 ※このときまで、保証期間外という想定を一切していなかった。

10.スリープボタンは部品交換が出来ず、本体交換しか出来ないと言う既知の話を聞かされる。

11.店員と例の2年縛りの契約をしているという話をした上で、有償交換するか、AssistiveTouch機能等を利用して次の交換までしのぐか選択を迫られたので、一旦有償交換は諦めることにしてすごすご帰宅。
 ※AssistiveTouchはiPhoneの初期機能で、身体機能サポートとして画面ロックや電源オフが出来る機能。


12.1,2週間ほどAssistiveTouchでごまかしつつ使っていたけど、日を追うごとにスリープボタンが効かなくなり、ゲーム等のアプリ起動中も常に最前面にAssistiveTouchのアイコンが表示されるのが鬱陶しくなってきた。

13.ここでようやく何らかの保証(安心保証パック(i))に入っていた可能性を思い出す。

14.My Softbankから契約内容を確認したところ、安心保証パック(i)に加入していたことが判明。

15.交換手続きについて調べたところ、修理はSoftbankでは出来ないこと、だけど修理先では割り引かれずにSoftbankに修理の証明書(請求明細書または修理(作業)完了報告書)が必要、などという若干面倒な手続きが必要と判明。
 http://www.softbank.jp/mobile/iphone/support/warranty/backupservicepack/

16.更に、Genius Barで修理した場合でも書類さえ貰えば保証対象になることが判明。
 ※Genius Barの店員からはそんな話がなかったので、若干へこむ。
 ※仮にその場で聞かれても加入状況は不明で、My Softbankのパスワードも無かったので結局駄目だったかも。

17.Genius Barは距離があるので、最寄りの正規サービスプロバイダを調べ、こちらは予約せずに日曜日に訪問。
 http://www.softbank.jp/mobile/iphone/support/warranty/backupservicepack/providerlist/

18.日曜の午後に店舗へ行ったところ、まさかの3時間待ち表示。
 ※店にも因るんだろうけど、俺が行った店では土日と平日では待ち時間に雲泥の差があるとのこと。

19.とりあえず予約だけして無意味に時間を潰していたところ、2時間半くらいで店舗から電話があったので再度伺う。

20.Genius Barと似たようなチェックを行い、本体交換しか出来ないことを説明され、安心保証パックの加入状況を聞かれたので、加入していることを伝える。

21.本体交換を行うに当たり、「iPhoneを探す」機能の停止を求められたので、その場で停止。
 ※App Store等で利用するパスワードの入力が必要になるので注意。

22.本体交換を行い、バックアップからの復元に関する注意と、Appleの情報更新のために(?)時間がかかるので、ソフトバンクショップに行くのは交換から「3日後以降」且つ「90日以内」(だったかな?)にするよう伝えられる。
 ※交換したら即ソフトバンクショップに行くつもりだったので、またまた予定が狂う。
 ※想定してなかったけど、保護フィルタの張り替えもして貰えた。ただし、すべての店舗でこの対応かは不明。
 ※交換作業は10〜20分くらい?時間見てなかったのでうろ覚え。

23.作業報告書を貰い、帰宅。
 ※この報告書がないと割引手続き不可能。


24.自宅でバックアップから復元。の前に、iOSのアップデートを実施。
 ※交換した本体はiOS6なので、iOS7でバックアップを取っていた場合は先にアップデートが必要

25.バックアップからの復元に2,3時間くらいかかった。
 ※データ量にも因るけど、このくらいは覚悟しておいた方が無難かも。
 ※ゲーム等の一部のアプリは、事前に引き継ぎパスワード等を発行しておかないとデータが消える可能性あり。
 ※実際に幾つかのゲームはデータが消えたのでアプリを削除した。

26.数日後にソフトバンクショップに行き、安心保証パックの割引手続きをしたい旨を伝える。

27.身分証明用に免許証等の提示を求められ、幾つかの書類にサインをして終了。
 ※割引価格は22,505円(税抜き)だった。割引率は、iPhoneのバージョンによって違ったはず。
 ※返金ではなく翌月以降の請求から除外されるので現金のやりとりは無し。
 ※別件もあったので手続きの所要時間は不明。多分、これだけなら10〜15分くらいだと思う。


以上。