読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dropの個人的感想

駄文

サントリーサーモスが共同開発したdrop。
http://www.suntory.co.jp/softdrink/drop/

専用のボトルでポーションを押しつぶして入れるという、ちょっと変わった形の飲み物。
結構前にボトルを買ったんだけど、関東圏のセブンイレブンでしか店頭販売していないので、いつの間にか消えてしまうかな・・・とか思っていたけど、微妙にラインナップも変わっているようなので、それなりに売れているのかもしれない。

■専用ボトル
2000円とちょっと高めの金額だけど、サーモス製だけあって保温性は問題なし。
温かいのも冷たいのもどちらにも使えるし、取っ手があるので持ちやすく、ふたをしていなくても極端な温度変化がないのでありがたい。
保温性の高いタンブラーとかを持っていないのなら、dropを使うかどうかに関わらず、マグカップとしても十分使える代物。

とはいえ、欠点も二つほどある。
まず、容量が280mlしか入らないこと。
350mlの缶ジュースが入りきらないのはちょっと微妙。
ただ、個人的にはペットボトルの中身を移して飲むことが多いので、欠点と言いつつも量自体はそれほど問題ではなかったり。

それよりも、もう一個の欠点である匂い移りの方が問題としては大きい。
水やお湯を入れる量の指針になる黄色のマーカーがゴム製のパッキンになっていて、ここに匂いが移る。
香りを重視した商品なのに、匂い移りがあるのは致命的なんじゃないかとも思う。
ある程度は慣れるけど、全然違う飲み物の匂いがするのはやはり違和感が大きい。

どうしても気になる人はこのパッキンを外せば良いのかも。
やったこと無いけど、飲むのに支障はないはず。


ポーション
完全に好みの話だけど、コーヒー類とお茶類は大抵微妙だった。
どれもポーション自体の香りは良いので、お湯や水を入れる前は期待値が高いんだけど、味と一致していないものや匂いが一気に薄まってしまうものが多くて結構残念なものが多かった。

可もなく不可もなくというものもあったけど、ポーションが1個90円くらいと高めなので、同じ値段で他の商品を買って、それをdropのボトルに入れた方が費用対効果は大きい。
一番酷かったのはカシスコーヒーで、何でコーヒーにカシスを混ぜたの!?という感じだったけど、気付いたらラインナップから消えてた。
あぁ、やっぱり評判が・・・

逆に、良いと思ったのは果物類のポーション
これらは類似商品が少ないということや、味を濃いめに作れるという利点があるので今もたまに買ってる。

個人的には オレンジ > 梅 > アセロラ という順で気に入っている。
オレンジは評判が高い割にもの凄く美味い!と言うわけではないんだけど、変な中毒性があるので気付いたらまた買っているということが多い。
どれもお湯で割って、ちびちび飲むのがお気に入り。

そういえば、一度市販の果汁多めのオレンジジュースを温めて飲んでみたけど、コレジャナイって感じの口当たりだったので、オレンジに関してはdropを買うようになった気がする。

あと、ついさっき飲んだ白ぶどうは普通に美味しかった。
水で割るとゴクゴク飲めるタイプの味になるので、夏場は最適かもしれない。
次に見かけたら確保しておこう。


■売り場
東京、千葉、埼玉、神奈川のセブンイレブンでしか購入できないという敷居が高すぎる。
しかも、取り扱ってない店もあるし、取り扱っていても欲しいのが売っていないことも多かったりする。
一応ネットでも買えるみたいだけど、何かのついでに購入・・・というのが出来ないのはやっぱり痛いなぁ。

サイトを見る限りでは先行販売ということなので、いずれは他のコンビニでも買えるようになるのかもしれないけれど、いつになるのか分からないし、それまで商品が売れ続けるのかは若干疑問。
折角ボトルを買ったということもあり、出来れば長く販売して欲しいけれど、どうなることやら。

とりあえず、果物類のポーションが増えれば購入頻度が高くなるはずなので、今後のポーション追加に期待しておこう。